FC2ブログ

Home > 2011年03月21日

2011年03月21日

千葉報告

  • 2011-03-21 (Mon)
  • BLOG
山形空港に続さんと車でもどり
自分は羽田へ、続さんは日本海にまで行き
ガソリン調達へ、残ってるわずかなガソリンにも
やっぱり笑顔の続さん。

千葉のホテルに到着したんが12時前
翌朝現場に向かって監督の大津さんと再会
ここでもスゴい揺れの話を聞きました。

ここの保育園の家具を製作していたのは
仙台の海沿いにある工場で、「壊滅」と
聞いてました、社員は全員無事。
大津さんから見せられた写真に「・・・・・。」
これで助かるのは、地震に対して、次に来る津波に
対しての準備があったんやと。


1020.jpg

工場にタンカーが津波で突っ込んでいる


1023.jpg


1024.jpg

1階は壊滅し2階の床が落ちてる


1033.jpg


1037.jpg

テレビや新聞でもう何回も見た光景、
ここの家具全部が津波に流された現実でした。

それでも、4月の開園に向けて進んでました。
現場監督の大津さんです。
怖そう.....多分怒ると破壊力満点!!
細かいところまでキッチリ納める人でした。
グローブみたいな手の小指と中指の金の指輪が
いつも以上に輝いてました。


110320あじ1


今回現場を回ってみんなとあって
これ以上被害が広がらないこと、
原発機が早く安定してほしいことを強く思う。

普通の生活がこんなに大切とは....
子どもらと一緒に成長して行こう!
.....たくましく、やさしく。


スポンサーサイト



仙台報告

  • 2011-03-21 (Mon)
  • BLOG
山形空港に到着し、一人頑張っていた続さんと会った時は
ここ何日間の緊張感がだいぶ解けた。
すぐに車の中で大村空港で買って行った大村寿司を食べた、
こんなウマかった....?と思うぐらいの味、一生忘れられへんと思う。

そこから大崎市の保育園に向かった。
途中スタンドに並んでる車の列が異常に長く
ガソリンが無いと言う状態はこういう事かと確認。
ちなみにリッター188円。

夕方5時ごろ到着、
地震発生後もずっと現場に出てくれていた
監督の佐藤さん、設計の跡部さんが迎えてくれました。

比較的このへんは倒壊してる建物は少なかった見たいで
保育園も無事でした、水はまだですが電気は前日に通う

地震がどれほどひどかったか、津波到着までの早さ.....
夜遅くまで佐藤さんと続さんと3人で談話してる時にも
余震が2回あったんですが、自分だけがビビってるだけで
ずっとこんな状態だそうです。

保育園でそのまま泊まったんですが、なんかあったら
すぐに逃げれるようにと荷物をそばに置いて寝ましたが
夜中何回かあった余震に全く反応せず朝まで熟睡。
続さんは早朝からスタンドに並びに行ったそうですが
あきらめて戻って来てました、それも気づきませんでした。

こういう状況ですが、力強く
現場は4月の開園に向けて着々と進んでました。


110318仙台2

現場監督の佐藤さんです。次回、奥さんが経営されているカフェに行きますね。
毎週山形から水を運んで来てたてるコーヒーを!


110318仙台3

設備の松田さん。

110318仙台4

強烈にタフでやさしい続さん。
みんな笑顔ですが、現場着工初期に入っていた27歳の職人の方の
行方がまだ分かっていないということも来て知りました。
悲しい事です。

自分が仙台、千葉に行くことになって心配や励ましのメール、
電話を頂き有り難うございました。
長崎の家族を持つ自分としては放射能の心配が一番強かったです。
千葉入りに難しいチケットをなんとか入手して頂いた田凬さん、
有り難うございました。

羽田空港では「どのようにしてお取りになられましたか?」など聞かれ
ニットの帽子にデカいリュックのせいで42歳にまったく
見えないこともあったんでしょうか?
チケットの確認に30分かかり、このチケットがいかに難しかったか
この時、分かりました。感謝!





Home > 2011年03月21日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Counter
Feeds

Page Top